生涯現場で働くシステムエンジニアへの道

システムエンジニアが生涯をかけてエンジニアとして活躍していきたいと考えた場合には、その仕事が趣味として考えられるようでなければなりません。常に新しいものを生み出すことが要求されるIT業界において、その開発の最前線での仕事を担っていくためには業界での最前線の動向を正確かつ迅速に把握していくことが必要であり、平日は仕事に全力を投入する一方で、休日を利用して勉強に励まなければ時代の急速な変化においていかれてしまいます。
そのため、仕事も勉強も趣味のように楽しんで行っていくことができるということが重要であり、それができてはじめて生涯をかけてシステムエンジニアとして活躍していく可能性が生まれてきます。

しかし、企業においては若手をシステムエンジニアに求めることが多く、現場に残るためには独立することが重要な観点です。
フリーエンジニアとなるか、そういった既成概念にとらわれない企業を立ち上げて動かしていくことが必要になります。そのために必要な知識をつけていくことも企業に勤めている間に行わなければならないことであり、必然的に休日に行うことの一つとして重要な位置を占めるようになります。経営に関する興味の持ち方によってその独立の仕方を考えて、仕事だからと割り切るのではなく、やはり趣味のようにしてエンジニアとしての仕事と、事業主としての仕事とに携わっていけるようにすることが欠いてはならないポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です