システムエンジニアと社会を見る視点

システムエンジニアが活躍を続けてエンジニアとして成功の道を歩んでいくためには、独立するために必要な能力を身につけるという観点が重要です。ただ仕事をこなすというだけであれば、どのエンジニアとの差もつかないことから、仕事ができているというだけで、その業界で活躍しているとは言えません。将来的に成功を勝ち取って行くためには、できるだけ早い段階で成果を高く評価されるような活躍をの場面を自ら作り出していくことが重要であり、それによって自分で生きる道を切り開いていかなければならないのです。

そのための考え方として重要なのが、独立しても働けるような視野をもって仕事に取り組むということです。
システム開発の仕事をする際に持つべき視点として、目の前の問題のソリューションとなる情報システムを発案することだけにとらわれてはならず、一歩退いて全体を概観するということが重要です。
そういった視点を持つことによって、より一般的な視点から新しい発想を持ち出すことが可能になり、他者とは異なる視点でシステムを考案することができるようになります。

また、必然的にクライアントの要求している内容や市場で必要とされているものについて理解を深めることが必要になるため、社会に対する広い見識を持つことが必須となります。これはシステムエンジニアとして独立するために必須とも言える能力として、社会を直視して需要を見て取る能力に相当するものなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です